筋肉痛をテルネリンで治す

筋肉痛や肩こりは薬(テルネリン)で緩和することが可能のようです。

肉体労働などでは、肩こりや筋肉痛が酷くなり、仕事にも支障が出ると言う人も少なくありません。

 

そのため、腰痛ベルトや筋肉痛の塗り薬などを塗って、仕事を続けている人もいるようです。

 

このような肩こりや筋肉痛は、加齢と共に増えていき、しかも痛みが強くなる人も多いようです。

 

そんな時には、医師に診察してもらい、疼痛緩和薬を処方してもらっても良いかも知れません。

 

テルネリンなどの飲み薬だと、筋肉に関係している脳や脊髄に作用して、痛みを緩和してくれます。

 

テルネリン

 

痛みは軽減されますが、ずっとテルネリンを飲み続けていると、身体も薬に耐性が出来ますので、効き目が薄くなります。

 

また、妊婦や授乳中の女性の場合には、医師に確認をする必要があります。

 

他に薬を飲んでいる時にも、お互いに作用することがあり、強くなったり、弱くなったりして、身体に影響する恐れがありますので、一緒に飲むのは控えましょう。

 

テルネリンの服用の際には、こちらも医師や薬剤師に確認を取ることが大事ですし、テルネリンの服用後は、眠気が副作用として、現れることもありますので、車やバイクなどには乗らないように注意しましょう。

 

息苦しくなったり、汗が止まらないという場合には、服用を止めて、医師の診察を受けてください。

 

それに、飲み忘れで多く飲んだり、飲まなかったりと、自分の判断で服用するのではなく、用法や用量をきちんと守り、医師から指示された通りに服用するように気をつけましょう。

 

(大阪府 抹茶さん)

 

>>格安のテルネリンジェネリックの購入はこちら